Topics

ASV0080324-04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入力と出力。当然のことですが、入力値が違えば出力は本来欲しい正解は得られません。
良くあることですが、4面体1次要素を使うため ヤング率をチューニングする人がいます。その結果、変形モードによっては材料定数を変えないと合わないことも生じる。 これは、使用要素を2次とすることでカタログのヤング率を使って、様々な解析を行っても正しい結果が得られます。

材料定数は1つです。

関連記事