Topics

A000080401-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塑性加工解析において、降伏応力は解析で用いるものと金属の規格は大きく異なる。規格は降伏応力300N/mm2以上として 明記しているが、これはある試験の結果でこれを断面積で割っているものと考えられる。 これと解析に用いる定数が同じであろうか? 解析だけを見ても、この入力値はmisses応力(設定によるが)なのかか選択する。これに対して実測は、方法も明記されていなく、単軸と思われる。

関連記事