Topics

A000080401-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴムの加硫等を熱伝導で解析する場合、ゴムは金型に密着するが金属は必ずしも密着しない。この場合、製品の膨張を考えると 密着するようなら、方から取り出せなくなるので、熱-応力の連成解析により膨張変形も表現したほうが正確である。 金属とゴムの境界は、熱伝導でも接着剤が存在する。モデルを節点共有で作るのか、接触処理するのかで解析方法が変わる。

関連記事