Topics

A000080325-13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

剛体スケーリング機能。 剛体を拡大縮小して、ゴムの穴の中にシャフトをこじ入れるような解析が簡単に出来ます。 剛体の大きさを変えられないときは、例えばBUSHの圧入などは、この機能が無い場合に治具を想定した解析から始めます。 また、半割りの外筒で両側から挟みこむ解析をしましたが、剛体を大小する事で解析のステップが1/2~1/10までになります。

関連記事