Topics

MAS0080330-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひずみエネルギー密度関数でのネオフック(C10のみ)とムーにー3次式、どこまで必要かで工数と効率化を検討します。

関連記事