Topics

MAS0080314-01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見かけ上のヤング率:ヤング率の求め方のヒント ラバーシリンダー(ゴム屋にある一般的なテストピース)の圧縮及び引っ張り解析を行い、ひずみ-応力線図を求めます。 その結果から、微小領域(1%程度)でのヤング率を求めますが、解析時に入力したヤング率と異なります。なぜ?

関連記事