Topics

MAS0080330-30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解析を行う場合、どの程度の特性予測が必要かによって材料定義方法を検討すると思われますが、その目安として、 Neo-Hookean(C10)とMooney-Rivlin3次式での解析比較を行い、各エネルギ関数の限界を示した。

関連記事