(テスト)講演会・セミナー

セミナー日程一覧

セミナー名 京都会場 東京会場 申込み
ゴム部品の構造解析基礎 Femtet実習付 2017年2月20日(終了)
2017年6月8日(調整中)
2017年8月上旬
2017年5月13日(調整中)
超弾性材料の解析用データベース作成方法 2017年3月9日 2017年5月18日
2017年6月14日
2017年7中旬
ゴム・樹脂製品の解析、スムーズな実用化の方法 2017年3月10日 2017年5月19日
2017年6月15日
2017年7中旬
ゴムの耐久性を考える 2017年3月13日 2017年5月20日
2017年6月16日
2017年7中旬

*ANSYSによる実習は現在日程を調整しております。ご希望の方は右上の「フォームでのお問合せ」より別途ご連絡下さい。


過去セミナー開催情報

ゴム部品の構造解析を製品設計への適用をご検討のご担当者様へ

ゴム部品の構造解析基礎
ムラタソフトウェア製Femtet®による実習付

ゴム部品の構造解析を製品設計への適用をご検討中のお客様を対象として、材料特性の取得方法から解析手法まで実習付でセミナーを開催いたします。

日時・時間 2017年2月20日 10:00 – 16:00
人数 8名 開催決定
費用 ¥35,000-
募集期限 満員 ご参加頂きありがとうございました。
対象者 ゴム部品の構造解析の導入をご検討中のお客様
申込方法 ページ下部のセミナー申込ボタン、もしくはメールよりご連絡下さい。
開催場所 京都リサーチパーク 西地区4号館2階ルーム4 (地図
講師 (座学)萩本 光広 社内外を問わず多くのセミナー講師を担当
(実習)専門技術員
プログラム 10:00 – 12:00
(座学)
1.解析例
2.ゴム材料の材料力学の解釈
3.失敗事例とその原因
4.ゴム材料のモデル化
・エネルギ関数について
・二軸引張試験の基礎、回帰方法の実際
5.解析予測精度の向上を阻むもの
・熱収縮の意味/実例
・ソフトの検証/使用要素の検証
・摩擦の検証
・ゴム材料のばらつき
・BUSH等、超弾性の適用範囲と粘弾性DB
・ヤング率の見方・目安
・ゴムと樹脂の違い
12:00 – 13:00
(休憩、昼食)
13:00 – 16:00
(実習)
Femtet®を用いたゴム材料の解析実習
実習用PCに
つきまして
Femtet®をインストールするPCのご持参をお願いいたします。ご持参困難な場合は別途ご相談下さい。

Femtetによる解析例
O-リングの圧縮解析。詳細はムラタソフトウェア様例題「例題59 O-リングの圧縮解析」を参照下さい

荷重25% 荷重100%